先日のダイハツ車のVVTトラブルが解決しました。

コントロール油圧が計れないので、コントロールバルブから変えるか、VVT本体から変えるか悩みましたが、

超格安価格設定のVVT本体のキットから取替えることにしました。

交換済みのVVTキットですが、これに、カムシールやバルブカバーパッキンがついてたったの13,700円‼

輸入車と一桁違う格安価格です。

メーカー的にはお詫び価格だと思うので、可能性を感じます。

その結果が、このグラフです。

分解したときの現物作動点検では現車部品、新品部品ともに異常なしだったんですが、

エンジン始動後、進角最大角度でほぼ固まっていたVVTが交換後、今度は1度も動かなくなりました。

上段のグラフがVVTによるインテークカムの進角度の実測で、下段が目標進角度です。

上段のグラフ、動いているように見えますが、縦軸は最大値は0.55度。目標角度30度以上に対して1度も動いていません。

でも、ちょっとほっとしました。反応があったのでVVT交換は正解だったみたいです。

おそらく、コントロールバルブも故障しています。

これがコントロールバルブです。

コントロールバルブ交換後の結果が下のグラフです。

昔のいすゞジェミニのCMみたいな動き!(わからない方はYouTubeででも見てみてください)

目標角度と実測角度がほぼシンクロしています。

完治した波形です。

試運転中もスムーズに動作していることを確認して作業完了としました。

 

原因は、エンジンオイルの管理が悪かったことです。

歴代ユーザーの中にメンテナンスを怠ったユーザーがいると本人か、その後のユーザーの誰かにつけが回ります。

現ユーザー様は前回のオイル交換時期が少し遅かっただけでしたが、このようなトラブルに見舞われました。

低年式車は、当たり前ですが、「古い機械」です。優しく細かくメンテナンスしないと壊れます。

低年式中古車にはそういうリスクがあります。

どんな車でもそうですが、低年式車にお乗りの方は特に、点検整備を怠らずクルマにやさしく接してください。